2007年04月18日

長崎市長選挙に西日本新聞記者の横尾誠氏が出馬

■ 伊藤氏の娘婿、長崎市長選に立候補を表明

22日投開票の長崎市長選で、4選を目指していた伊藤一長市長(61)が銃撃されて死亡したことを受け、18日午後、市長の長女の夫で西日本新聞記者・横尾誠氏(40)が記者会見し、立候補を表明した。

 市選管は市長の死亡に伴い、18日、公職選挙法に基づいて新たな立候補の受け付けを開始。投票日3日前の19日まで受け付ける。

 同市長選には、いずれも新人で大学非常勤講師・前川智子氏(59)(無所属)、前長崎市議・山本誠一氏(71)(共産)、主婦・前川悦子氏(57)(無所属)の3人が立候補している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070418-00000111-yom-pol


横尾誠氏が当選する確率は高いでしょうね。
posted by ジョー at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/39250327

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。